合宿免許の最大のメリットは、卒業までの期間が短いことがあげられます。

自動車はATなら最短14日、MTは16日で卒業できて、自動二輪は普通が9日、大型が8日となっているので、自動車学校に通う手間と時間がない人にはそれだけでメリットがあるでしょう。その他に・通学と違い、料金が若干安い・自動車と二輪を同時に教習しても、期間が短くて済む(二輪もある教習所では)・次の教習までに間が空かないから体が運転を忘れない・同じく、間が空かないから学科を忘れない・自分でスケジュールを決めなくても学校側が決めてくれる・スケジュールが決まっているから集中して学科、教習が受けられるなどがあげられます。

少しでも早く、安く免許を取りたい、スケジュールが決められないという人には、合宿免許が向いているかもしれません。



一方、合宿免許のデメリットですが、万が一、検定に落ちてしまったら、次の検定の日までの食事代など料金が加算されることです。


仮免許検定、卒業検定が週に一度だけいう教習所もあるので、7日間の延長料金と検定料金も再度支払うことになります。



あまり延長してしまうと費用は通学教習と変わらなくなるかもしれません。



他にも・部屋が大部屋で、合わない人と二週間も一緒だった・スケジュールがきつくて自由がない・地元ではないので路上教習に馴染めない、検定コースが覚えられないなどもあります。

上記のデメリットが気になる人は、その教習所がどういうシステムを取っているか、また、宿泊施設は個室なのか大部屋なのかを調べてみることをおすすめします。