合宿免許は、旅行の費用と同じく、時期によってかかる費用が違います。

学生の長期休暇である夏休みや春休みは繁忙期となり、費用も高くなります。

合宿免許は最低でも2週間、規定の時間で教習が終わらない場合追加教習を行わなくてはならない為、余裕を見て1ヶ月近く自宅を空けられることが参加の条件となります。



フリーターなど、学生の休みの時期以外に参加が可能な場合は、夏休みや春休みの長期休暇を外して参加する方がお得です。合宿免許の費用には、教習費、宿泊費、食費が含まれます。



教習所によっては、自宅から教習所までの最短ルートを利用した時の交通費を支給して貰えたり、追加教習を受けることになった時の追加教習代や宿泊費、食費などがかからないところもあります。
合宿免許の費用は、AT限定免許かMT車かによっても異なります。
一人で参加する場合、AT限定ですと、オフシーズンで22万円くらいから、繁忙期で33万円くらいまでの費用になります。


一人で参加する場合、MT車ですと、オフシーズンで25万円くらいから、繁忙期で35万円くらいまでの費用になります。
早割特典などを設けている教習所の場合は、5000円くらい割引されることもあります。
宿泊する時の部屋のタイプを相部屋希望にしたり、食事無しで自炊を選ぶと、さらに安くなります。



繁忙期は、費用が高い割に、人気のある教習所は早い段階から予約で埋まっていきますので、合宿免許を検討している場合は、早めに検討を始めることがコツです。