自動車免許を取得するためには、免許センターにて学科・実技の試験を受ける必要があります。

それを教えてくれるのが自動車学校であり、その中には通学スタイルだけではなく合宿免許という形もあるのです。



合宿免許のメリットとして挙げられるのが短期集中型で取得可能ということです。

主に2週間ほどのまとまった時間が取れる大学生に人気があります。

通学の場合は、実技も飛ばし飛ばしになり前回の注意点を忘れがちだったり、春休みなど激混みの中、なかなか予約が取れなかったりするので、二ヶ月以上かかるケースも多いのです。時には免許取得を諦めてしまう場合も。

合宿となると三食・休憩の合間は全て学科や実技の勉強が入るようにスケジュールが組まれており、早ければ2週間ほどで(AT車限定)取ることが出来ます。



実技も毎日たくさんの時間を充てることが出来るので、忘れることなくどんどん吸収することが出来、確実に免許取得に繋がるようになっているのです。



合宿免許では、近所というわけにもいかず、地方の自動車学校に行くことになります。ちょっとした旅行気分も味わえ、さらに異性との出会いのチャンスも毎日あるのです。2週間という長さ、何名かとの共同生活になりますので、三度の食事の度に話すようになったり、学科実技で励まし合ったりしていくうちに仲良くなるのは自然なことです。

合宿免許の一番のメリットは、その金額です。

通学スタイルよりも安い場合がほとんどで、寝食勉強全てのシステムがパック料金に含まれています。

再検定や再試験になった場合も追加料金がかからないことが多いです。