免許を取得する際には学科試験と技能試験が存在しますが、現在の日本国内の教習所は公認とされている場合に試験場での技能試験が免除されます。これは教習所である一定のカリキュラムに基づいて技能講習を実施、認められることによって成立する救済措置の一環となります。

そして教習所では最低限クリアしなければならない技能講習時間について、教習生の時間的都合に基づいてカリキュラムを組む場合と、短期間での免許取得を見据えて講習日時を管理して進める合宿免許制度があるのです。



この合宿免許制度ですが、講習生は文字通り期間中合宿して免許取得を目指します。

この制度を選択するメリットとして、カリキュラムがすべて教習所側で管理されていて短期間で免許取得できます。



また受講生はみんな同じ目的で集まっている為、相互連帯感が生じてより良い相乗効果が生まれる可能性が高いのです。



実際に技能講習を受ける期間は通常のそれと変わりはありませんが、1日のスケジュールが教習所側で管理されてるので自分のやりたいことは全てカリキュラムの空き時間に対応することになります。上記の結果、必要最低限の講習行程且つ短期間で免許取得することができるのです。
基本的にオールインクルーシブとなりますが、各行程内での合格が認可されない場合は期間延長して対応することも可能なのが合宿免許のメリットとなります。
教習所の閑散期に開催されることが多く受講生の回転率も高いので、ほとんどの教習所で定期的に開催されているのが特長となっております。