合宿免許は、ドライビングスクールの入校から卒業までのスケジュールがきっちりと決められていて、しかも最寄りのホテルや宿舎などに泊まりがけで教習を受けることになるため、時間的にも無駄がなく、最短の期間で卒業できるようになっています。


この合宿免許に申し込むにあたっては、トータルの費用として、少ないところであっても20万円台、通常では30万円から40万円程度は必要となってきます。



これはドライビングスクールに自宅から通学する場合と比較して、特に高額というわけではなく、そもそもドライビングスクールに入校するにあたっては、この程度のお金はかかるものだと考えておいたほうがよいでしょう。
そうはいっても、合宿免許の費用をできるだけ安上がりに済ませたいというのも、受講者としての本音のところといえます。



合宿免許の費用を節約するための工夫として、たとえば繁忙期は避けるというのがあります。

夏休みのように人が集まるシーズンは、合宿するホテルの宿泊費なども高くなりますし、ドライビングスクールとしても、わざわざ受講促進のテコ入れをする必要がないことあって、トータルの費用が高くなりがちです。

逆に人のあまり集まらない時期であれば、通常よりもかなり安い金額での受講が可能です。



ほかにも、ホテルではなく、ドライビングスクールのなかの宿舎を利用するような合宿免許のパッケージを申し込めば、ホテル利用にくらべると、相当安上がりになることもあります。