合宿免許はズバリ価格が安く、短期間で免許が取得できるという点です。
しかし、誰もが上手くいくわけでもありませんし、短期間とはいえ2週間程度は自宅を離れて暮らすわけですから、楽しく過ごしたいものです。

そこで、失敗しないための合宿免許のポイントを挙げておきます。

まずは、金額です。



いつでも価格が安いというわけではなく、繁忙期や閑散期があるので、いつならば安いのかを1年間を通して調べておくことです。


もちろん、申し込む教習所によって異なるは当然です。また、申込金には教習代、ホテル代は含まれていますが、食費は3食とも含まれているのか、往復の交通費は出してもらえるのか、技能検定などの追加費用は含まれているか、延泊することになった場合はどうなるかなど、細部にわたって調べておく必要があります。

次に周囲の環境です。

学会や教習が丸々一日あるわけではなく、空き時間もたっぷりあります。筆記試験に向けて勉強することも必要ですが、天気の良い日は気分を変えて散策に出るのも得策です。

しかし、田舎のため周りに見るべきところが何もなかったり、何十キロも離れていたりするとホテルにこもることにもなります。



ましてやコンビニの一つもなければ3食しか楽しみがなくなってしまいます。


最後にホテルです。



もし周りに出かけるところもなければホテルに滞在することになりますが、その際にホテルがきれいなのはもちろん、テニスコートや娯楽施設などがついていれば時間をつぶすこともできます。

せっかくの合宿免許ですから、事前によく調べて楽しく過ごしたいものです。