自動車の運転免許証は、その取得に高額の費用と、それなりに長い講習の期間を要するため、大学受験合格後の入学前や、大学在学中の時間的に余裕がある時期に取得する人が多いものです。

しかし、通学タイプの場合には2か月以上の時間を要することが一般的で、費用のほうも都心の教習所においては40万円程度の高額な負担になるケースが当たり前になっています。まだ若い人が多い自動車免許の取得において、人気を集めているのが合宿免許です。
この合宿免許は文字通り短期間の泊まり込み合宿で一気に学科講習と実技技能講習を修了させて、自動車免許を最短で取得する方法です。

また、宿泊費用や食費を安くするため、地方ののどかな環境下において実施される場合が多く、その必要費用は、場合によっては通学型の免許取得における半分程度ということもあります。



具体的には、20万円台前半での数週間の集中型に人気があり、若者のグループ参加や、同世代との素敵な出会いを求めて参加する男女も多いのが実態です。



短期間とはいえ、自動車免許の取得において定められたものはすべて実施されることもあり、合宿免許は合宿期間中における自分の余暇の時間にいかに出費を抑えるかによって、非常に低価格での免許取得が可能になる方法です。



なお、実技技能講習や学科講習はすべて同様のカリキュラムと試験内容ですので、合宿免許だけがメリットを得られたり、何か特別な配慮を得られたりするものではありません。